通信制高校も学校見学は大切

2014 - 03.13

通信制高校を選ぶときはどのように比較していますか?資料を請求する、かかる学費などを比較するということはもちろんですが、実際に高校へ足を運んでいますか?通信制高校は全日制高校よりも学校にいる時間は短いのだから、と高校に見学へ行くことを軽んじていませんか?


通信制高校も学校へ行ってみる、空気を知ること

じっさいに足を運ぶことは非常に大切です。インターネットなども発達していますからどのような学校なのか、教科は何を学べるのかをあらかた知ることが簡単にできるのですが、自分の通いたいと考える通信制高校の校風が本当に自分に合っているのかどうか、こればかりは実際に門をくぐり、先生などと会話をしないと分からない部分も大きいと言えます。


実際に先生に進学相談をしてみよう

通信制高校に見学に行ったら、ぜひその高校の先生と会話をしてみましょう。進路相談や進学相談などを行っているはずです。何を話していいか分からない、という人もいるかもしれません。しかし、非常に簡単な質問でもいいのです。もう何も聞くことがなかったら、先生の体験談を教えてもらうでもいいでしょう。どんな質問にも丁寧に返事をしてくれる、あなたが言葉に詰まっても、温かく見守り、待ってくれる先生だったら、きっと安心して高校に通うことができますよ。

Comments are closed.